いやいや朝起会を続けている妻の夫のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ネット社会での普及実践は、こうあるべきではないでしょうか?

<<   作成日時 : 2009/09/16 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

 ネット社会以前では、一人一人の不平不満は、本人の心の中に
しまわれるか、差し障りのない範囲で身近な人へ愚痴をこぼす
だけで終わっていました。
しかし、ネット社会では、各自の不満が広く公表され、それが
あたかも多数意見であるかのように錯覚されるのです。
 普及実践は大切なことですが、会に合わない人まで強引に
勧誘するのは、百害あって一利なしだと思います。

 現代のネット社会での普及実践で、こころがけるべきことは、
次のことではないでしょうか?
「必携 普及の実践」P100 
「実践17 会友のすそ野を大きく広げましょう。」より

(引用開始)
実践17 会友のすそ野を大きく広げましょう。
目的 私たちは、「明るく仕合わせな生活」の輪を
    社会全体に広げようとしています。
    そのためには、まず、私たちの活動を正しく
    理解してくれる方々を増やさなければなり
    ません。
●会誌をお読みいただき、私たちの活動に共感してくださる方
の輪を広げましょう。この方たちは、たとえ朝起会や座談会に
参加されなくても、私たちの活動を支えてくれる、とても大切な
会友なのです。お仕事などの都合がつくようになれば、やがて
は実践に参加されるようになるでしょう。
(中略)
会友1 すでに何度か会や会の活動に対する誤解の話が
     出ていましたが、この点について、まとめていただ
     けないでしょうか。
会長先生 皆さんご存知のとおり、私どもはとりたてて広報
     活動をしておりません。私たちはあくまでも、会友
     一人ひとりの「明るく仕合わせな生活」を築く実践
     活動を「支援する」会ですから、何かを強制する
     ことはいたしません。そのため、さまざまな誤解に
     ついても、会として訂正することはしないのです。
     私たちの活動を正しく伝える会誌をお読みいただ
     いて、「ああ、これは誤解だったな」とご理解いた
     だければ、それで十分だと思っているのです。
会友1 よくも悪くも、私たちの活動に興味をもった方だけが、
     わかってくださればいいのですね。
会長先生 はい。何度も申しますが、私たちの活動は、
     あくまでも「自発的」なものでなければならないのです。
     会誌をお勧めするについても、それを読むかどうかは、
     あくまでも先方の意志なのです。お勧めするのも
     会友の自発的な意志ならば、お読みになるのも
     先方の自発的な意志なのです。
      しかし、私たちの活動に興味をもってくださる方や
     ご理解をいただける方は、一人でも多くと願って
     います。この方たちは、いわば私たちのすそ野
     なのです。できるだけ大きくすそ野を広げることで、
     私たちの会は安定します。灯台のような形より、
     富士山のような姿のほうが、ずっと安定感があり
     ますね。誤解や曲解という横からの風に対しても、
     富士山型ならびくともしません。
会友2 普及のさいに、よく「会誌だけなら」とおっしゃる方が
     いますが、それでいいのでしょうか。私は朝起会に
     お誘いしないと、普及をした気になれないのですけど。
会友1 会誌を読むだけではなくて、やはり実践までという
     お気持ちはよくわかります。しかし、無理にお誘い
     するのは、やはりいけないことでしょうね。
会長先生 どんなに正しいことでも、強制や無理はいけません。
     会誌をお読みいただけるだけでも、立派な普及なの
     です。ものごとには、常に「機」というものがあります。
     何事かが起こる「きっかけ」です。いつか「機」が熟す
     まで、親しいお付き合いを続けていればよいのです。
(引用終了)

全くその通りです。
会長先生の指導通りの普及実践ならば、朝起会(実践倫理宏正会)
への批判はぐっと減るでしょう。

 普及実践に邁進している会友さんは、「我も人もの仕合わせ」
のため働いているという充実感に満ちあふれているのでしょう。
山登りにたとえるなら、「そこに山があるから登る」状態でしょうか。
一方、富士山に登りたいと思う人もいれば、登りたくない人も
いるのが人間です。5合目までで十分という人もいます。
(私は、すそ野というよりは、遠くから眺めている人でしょうか。
きれいな山だと思っていますよ。)

 普及実践にがんばっている会友さん、あなたは、山登りを
したくない人を、無理矢理のぼらせるようなことをしては
いないでしょうか?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
勧誘に力を入れると、勧誘が難しくなる
 ネット上では、朝起会(実践倫理宏正会)の勧誘が強引である ことの苦情などが多く書き込まれています。 普及実践をすすめるうちに突き当たる問題点です。 ...続きを見る
いやいや朝起会を続けている妻の夫のブログ
2009/10/11 05:16
朝起会へのネット上での批判分析と我が主張のまとめ
(2009年12月4日更新 工事中) ...続きを見る
いやいや朝起会を続けている妻の夫のブログ
2009/12/04 21:28
かなり重要な記事 「陰倍加」が行われる例
 「否会友」のケースから、「陰倍加」が行われる理由を考察する。 倍加とは、本人に断ってその人を会友として登録(本人自身による登録とは異なる)することである。そして、倍加を行った人物が相手の分の会費を納めるというシステムである。  倍加については、「実践倫理宏正会って何?」の下記の説明が秀逸だと思うので引用します。 投稿 鯰の鬚は4本 | 2009.04.08 08:49 午後 http://rinrikko777.blogzine.jp/jissen/2005/02/post_1... ...続きを見る
いやいや朝起会を続けている妻の夫のブログ
2009/12/16 21:57

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネット社会での普及実践は、こうあるべきではないでしょうか? いやいや朝起会を続けている妻の夫のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる