いやいや朝起会を続けている妻の夫のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「否会友」に洗脳されて、会友の夫と不仲になった憐れな妻のブログを発見

<<   作成日時 : 2010/08/25 22:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2ちゃんねるの過去スレを全部読むためには、年会費を払わねばならないと思い込んでいましたが、2ちゃんねるのコピーページを活用すると、案外ただで読めてしまうことを発見しました。

 グーグルで「実践倫理宏正会 unkar」で検索すると、今までは過去ログ倉庫に入っていて見られなかった過去スレを見ることができました。のんびり、資料を収集します。さっと読んで気づくのは、

 「実践倫理宏正会って何?」
http://rinrikko777.blogzine.jp/jissen

 と2ちゃんねるが表裏一体だということ。否定派が両方を掛け持ちしていること位、普通の知能ならすぐに分かる。2ちゃんねるの投稿が成りすましによって水増しされていることなど、一目瞭然だ。
 この頃のスレはIDがついていたようだが、コンピュータを再起動すれば変わってしまうとのこと。そうやって、何度も再起動をしては、投稿していたようだ。「否会友」や「元会友」のコンピュータはさぞ寿命が短いことだろう。

 こ奴らの成りすまし投稿が功を奏して、否定派の投稿に洗脳されるおめでたい人がいるようだ。

 その代表的な例として、下記のブログを紹介しよう。
★★朝起き会(社)★実践倫理宏正会★19★★☆
http://www.unkar.org/read/gimpo.2ch.net/psy/1217682063

 の「65」にリンクされていたブログです。「だれにもいえない」とかいって、ネットでいってんじゃん?実生活より、仮想=下層社会が大切なお方のようです。


 だれにもいえない
 http://gumigumiblog.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_761a.html

 内容は、宏正会一家に嫁にきたブログ主が、2ちゃんねるの投稿に洗脳され、宏正会をカルトと勘違いをして、夫に嫌われているということだ。離婚寸前までいっているらしい。さっと読んだだけだが、夫より、義父母や義祖父母より、2ちゃんねるに書かれていることを信用している時点で、アホ丸出しである。本当に離婚をし、本人も娘も不幸になったらかわいそうだが、否定派の罵詈雑言を信じてしまったのがそもそもの誤りであるので、同情はできない。まあ、それほど「否会友」や「元会友」の偽装成りすまし投稿は巧妙だということだが、2ちゃんねるを鵜呑みにしてはいけないのだ。

 ちなみに、「この妻」と「いや夫」は、男女が入れ替わっただけで、全く同じ立場だ。同じように2ちゃんねるを読んでも、「嘘ばっかじゃん」と思い、愛する妻を擁護しようと思う「いや夫」に対し、このブログ主は、「え〜本当なの〜!」とびっくりして、愛していた夫をカルト信者扱いしており、正反対の対応である。「いや夫」に言わせると、ネット(仮想=下層社会)が生んだ悲喜劇としかいいようがない。本人は自ら招いたタネなので仕方がないが、かわいそうなのは幼い娘さんである。まだ、離婚してないなら、「いや夫」のブログをしっかり読んで、否定派の正体について疑問をもちなさい。

 あなたが不幸になって喜んでいるのが、「否会友」だ。自分が家庭愛和ができないから、家庭愛和できている会友を憎み、嫉妬して攻撃しているだけなのだ。

 その位見抜きなさい!

 と言っても、見抜けるはずがないわなあ〜。一番悪いのは「否会友」だ。



 この妻とまったく同じ立場なのに、幸せいっぱいの「いや夫」のプロフィール

「実践倫理宏正会って何?」のブログより

(全体引用開始)
 今更だが、「いや夫」のプロフィールを明かしておく。会場は、妻に迷惑がかかるので明かさない。

 義母は何年間もの勧誘の末入会。義父は亭主関白で厳しい人で夫婦仲良くは本来難しいタイプだが、義母が宏正会で学んで夫を立てることができるので、家庭愛和を保てた。義母は宏正会の効能を十分に理解して活動している。子どもたちは皆社会人、または主婦として幸せになっており、やはり宏正会のおかげと考えている。
 その義母に育てられた「いや妻」は、夫を立ててくれる大和撫子である。「否会友」とは正反対の女性だ。
 「いや夫」の両親ともとても仲がよく、本当にいいお嫁さんをもらったと喜ばれている。
 「いや夫」は妻にぞっこんである。容姿ももちろんだが、その大和撫子のような女性らしさがすばらしい。そして、それは、実践倫理宏正会の目指す女性像と重なるのである。
 「いや妻」のようなすばらしい女性を生み出している宏正会を、「いや夫」は良い会だと信じている。
 会場の関係者に会っても、みんないい人ばかりだ。それは2ちゃんねるのどのスレにも最初に書かれている通りだ。

(引用開始)
(社)実践倫理宏正会、通称「朝起会」は子育ての会としてご婦人を 中心に活動しています。
会友さんたちは、人のいい方ばかりなのですが・・・
(引用終了)

 「いや夫」自身の朝起会への参加は、
名ばかり会友で、のべ35回位参加。
元朝式、原爆の日、妻にお願いされたときなどに参加し、「壮年の集い」には、都合がつく限り喜んで参加している。
 しかし、頒布などの活動には一切関わろうとせず、錬成会に誘われても断り続けている。それでも、毎年誘いに来られるので、毎年断るというのが恒例である。誘いに来られる壮年さんは大変立派な方で、断るのは気が引けるのだが、やりたくないものはやりたくないので、さわやかにはっきり丁寧に断ることにしています。
 ネットで宏正会を擁護しようと思ったきっかけは、ネットの記事を読んだ妻ががっかりしていたから。
2ちゃんねるは、過去スレパート1〜8と、21、22を読んだ。成りすましばっかりだとの印象。
 2ちゃんねるやちゃねら〜が大嫌いなので、2ちゃんねるに投稿するつもりは一生ないが、幸いwikiの「実践倫理宏正会」にリンクされたこのブログの存在を知り、討論を開始した。討論開始にあたっては、全投稿を読み、成りすましの横行を直感。相手は卑怯で実は実力が全然ない奴だと見抜いて参戦。その通りだった。
 否定派のいう問題点も「いや夫」なりにわかっており、我がブログでもデメリット情報として触れているが、それで、宏正会の存在意義を否定されるようなものでないことは十分にわかっている。
 それよりも、否定意見はごく少数の成りすまし投稿者によるもので、そんな馬鹿な投稿を読んで、会を止めたり、入るのをためらったり、万が一離婚を招いたりしているのは許せないと、ちゃねら〜の成りすましを追求している。
 そして、その首謀者が「否会友」と「元会友」であり、そ奴らと今、まっこうから討論できることを喜んでいる。
 
 以上。

 では、「否会友」さん、自己紹介をどうぞ。

投稿 いや夫 | 2010.08.25 06:53 午後

(全体引用終了)

 ちなみに、「いや夫」は妻(結婚前)と会に参加してみて(このブログ主の妻と同じ元朝式である)、「実践倫理宏正会に入ってくれる?」と聞かれて、「いいよ〜ん。」と答えて、後は何の問題もなく家庭愛和を実現している。否定派がこだわっている「倍加」とか「お祝い金」とか、嫌ならやらなければいいだけで、何の問題もない。そんなくだらないことで、家庭愛和を台無しにし、娘を不幸のどん底に突き落とそうとするこのブログの妻の気持ちは、全く理解できない。


追伸 紹介したブログの妻へ
 2ちゃんねるなんて読んでないで、「実践倫理宏正会って何?」や「いや夫」のブログを読みなさい。もし、2ちゃんねるに洗脳されていたことに気づいたら、素直に夫に謝りなさい。


追伸 その2
 この「だれにもいえない」の「サイコばばあ」が作ったブログだったりして・・・。
 こ奴ならあり得る。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「否会友」に洗脳されて、会友の夫と不仲になった憐れな妻のブログを発見 いやいや朝起会を続けている妻の夫のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる