いやいや朝起会を続けている妻の夫のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「自称巨頭=鉄槌」が、やはり会友の実の娘である可能性について言及

<<   作成日時 : 2011/02/24 22:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「実践倫理宏正会って何?」に投稿したものを引用します。


(全体引用開始)

 最近の「いや夫」は心が広いです。上記の一連の「自称巨頭」の成りすまし投稿を読んでも、憐れに思うだけです。昔の私でしたら、この期に及んでまだ成りすましをやっている馬鹿めと「怒り」の感情をもったでしょう。しかし、今は違います。

 今「いや夫」が読んでいる本は、『怒らないこ』と『怒らないこと2』です。

 実に良い本です。人が幸せな人生を歩む第一歩は、「怒らないこと」につきるのです。


 今回は、ブログ主が会友の実母を恨んでいるというケースで解説します。「鉄槌キャラ」はそう書いていましたし、案外そうなのだと思い当たることがありますので・・・。後で紹介する「母が会友」なども、ブログ主の本心の投稿である可能性があります。

 もう皆さんもお気づきのことと思いますが、「実践倫理宏正会って何?」は、ブログ主の怒りが形となって現れたものです。おそらく、ブログ主が本当に怒っている相手は、実践倫理宏正会ではなく、「身内の会友」なのです。彼女の「サイコ」さをみれば、彼女が極めて複雑な家庭の中で育ったことがわかります。「かえるの子はかえる」と言われるように、彼女の母親も、「サイコ」さんだったのでしょう。そして、不幸な家庭に生まれたことを憎むようになったのでしょう。彼女の母は、彼女以上に「サイコ」さんですから、さすがの彼女も、面と向かって怒りをぶつけることはできません。何倍にもなって返ってくるからです。幸い、彼女の母親は、実践倫理宏正会の会友であるため、母親が愛する宏正会を攻撃することで、自分自身の怒りのはけ口にしようと、このブログを作ったのだと思われます。ある意味、彼女はかわいそうな人なのです。

 彼女が実母に対して怒っている間は、彼女に平穏な日々は訪れません。不幸な毎日を送り続けることでしょう。彼女こそ、宏正会の「朝の誓」が必要なのですが、まったく逆の行動を繰り返し、怒りと不幸を増殖させているのです。(「いや夫」なんかが現れて、彼女の心の内を暴いているのも、一つの運命だったのだと思われます。この機会に、彼女が彼女の不幸の元凶である自分自身の「怒り」に気づくことができるとよいのですが・・・。)

 「朝の誓」では、「怒らないこと」に共通する言葉が多くみられます。
・今日一日 腹を立てず 不足の思いをいたしません
・今日一日 人の悪をいわず 己の善を語りません

 「実践倫理宏正会って何?」のブログで、上記の2つの誓いが守られた日があったでしょうか?「いや夫」も含め、常に腹を立て、不足の思いで、人の悪をいい、己の善を語ってきました。(この投稿も実はそうだったりします・・・。)

 しかし、それでは永遠に幸せは訪れないのです。少なくともそのことに気づいた「いや夫」は、彼女が「姑息」な手や「卑怯」な手を使っても、それは「姑息だよん」、「それは卑怯だよん」と事実を明らかにすることでこれを制し、なるべく怒らないようにしようと思います。ミイラとりがミイラ(「サイコ」とりが「サイコ」)になってはいけませんから。

 では、彼女の必死な防戦をいちいち叩くことはやめ、一点のみ、指摘します。



 また、説明できるところだけ説明していますね。「姑息」ですよ。

 「100万円のお祝い金」については、たとえば、実世界で一人の証言者が名乗り出ただけではだめです。他人のブログ主が一人称で書いた時点で、「名誉毀損罪」です。これが、全国で会場数と同じ程度の人間が名乗りでた場合は、実際にそうであると推定するに足るという理由で、「真実性の免責」にあたる場合もあります。ブログ主は、ぜひ会場数分の292名の被害者を集め、実世界で追求をしてください。ところが、なぜか否定派首謀者は、「Eメール」や「FAX」などに頼り、己の素性を明かさないように注意しています。それは、成りすましが通用しないからなのです。

 文部科学省に問い合わせて、実践倫理宏正会に対する抗議が何人から寄せられているのか確認してみてください。(レイモンド氏曰く0人だそうです。)己の素性を示さない抗議は、件数にはカウントされないのです。

 まあ、「100万円のお祝い金」については、ブログ主の説明に合格点を与えるとして、次の課題はどうなったのでしょうか?予想した通り、またまた「スルー」してますね。「姑息」ですよ。


(全体引用開始)

 では、他の投稿はどうなのですか?すべて同一人物が書いたものに違いないので、100%名誉毀損罪です。
(引用開始)

B以前京都方面の偉いとされる会友さんに、2000万円のお祝い金をしろと言われました。しないと身体を壊すと脅されました。Bとある知り合いで実際に起きたケースです。
この会では、離婚し子供のある将来に不安をもった女性を会に引き込み、一般社会の中では結婚できない変わり者の会員の男性をくっつけて、女性を男性に依存・隷属させ、女性には働くことをさせず、会の活動に専念させ、男性の稼ぎで生活し、会なしでは生きていけないように仕向けることまでするようですよ。統一教会と同じですよね。

( 「嵐」「嵐」「さとえ」同一人物が別人を装っているので、事実ではないことが明白で、100%「名誉毀損罪」が成立します。)

B妻は、旦那の性欲を全て解消する義務もあるようですよ。セックス拒否なんて許されないわけです。お使えする旦那様には、常に体を捧げる必要があります。愛情なんて必要ないのです。心は会に通うことによって豊かになり、会に通い続けるためには、旦那様に体を捧げ、それによって家庭円満、扶養家族としての義務を果たすって感じでしょうか。女性蔑視の考え方ですよ、女性の高等教育にも否定的ですし。そりゃそうです、賢い女性なら、こんなまやましの会にだまされませんから。
噂によれば、会の男性幹部は、盲目的な会員を性欲の解消に使っているとか。高級ホテルに寝泊りしてる幹部なんか特に。
この会、要は、バカな女と賢い男で出来ている会ってことなんでしょうね。ご愁傷様。

投稿 現世 | 2005.11.16 10:36 午後

B家内が入会し、パートは辞めてしまうは、安っぽい会報誌を何十冊も買い込んだり、その他家計から不明なお金がどんどん出て行くようになりました。
子供のことも家事もほったらかしになったため、遂に私が切れて離婚調停中です。
酷いカルト宗教です。
マスコミにも問題にならないのは、かなりの金額を政治献金しているのでしょう。なにせ貧乏な家計からむしりとるだけむしりとってますので、とんでもない金額が集まっているはずです。

投稿 被害者 | 2005.11.25 02:33 午前

B被害者さんへ
お気持ちわかります。頭がいかれた奥さんとは人生をやっていけないでしょう。問題は、お子さんです。絶対、お子さんを頭がいかれた奥さんにとられないように!お子さんが危ないです。会の悪徳弁護士が出てきて、金をむしりとろうとします。お子さんが奥さん側にいると、相手側は、お子さんを盾にして、金をむしりとろうとします。会いたければ、言い値を払って、早く離婚しろと。会は、別の男を準備しますから、背中を押します。財産分与も吸い上げます。養育費も同じです。会は、離婚を資金集めの機会とみなしています。
あなたがやるべきことは、お子さんを確保し、奥さんの会の活動、おかしな出費についての証拠を調停で出して、親権をとってください。信仰の自由ではなく、子供を育てていく基礎が出来ていない、優先順位が子供ではなくて、会にあることを調停員にわかってもらうべきです。
万が一、親権を譲るにしても、朝起き会には行かない、会とは手を切る、もし戻ったら、親権は変更するという条件付で譲歩してください。
がんばってください。

投稿 おじゃる丸 | 2005.11.30 12:45 午前

B捨て育てをされました。私が1歳のときからずっと、家でたった一人で留守番させられていました。幼稚園も迎えにきてもらったことがないです。人通りの少ないところで何度も危険な目にあいました。兄弟もみんなそうやってネグレクトで育てられて、精神をおかしくしてます。父がギャンブル依存になって家計がどれだけ苦しくなっても一切働かなかった母。しかもそんなときですらお金を会に入れてたんです。朝起きさえやってればなんとかなるって言ってた。馬鹿じゃないかと思う。これ以上こんな気持ち悪い人間を増やして不幸な子供を産まないで欲しい。新たに会友を増やそうとして訪問すんのもやめてほしい。家族のためとかなんとか言ってるけど、子供の気持ちなんて分らないし認めないんでしょう。だって自分自身の本当の気持ちからも目をそむけて会の考えを上から塗りたくってごまかしてる人たちだから。母はすっかり自分をなくして、依存症になってます。

投稿 母が会友 | 2006.03.01 02:37 午後
 
(引用終了)
 こちらの弁護もしてみてください。できるなら。

(全体引用終了)

投稿 『怒らないこと』という良書を、「自称巨頭」に薦める「いや夫」 | 2011.02.24 10:19 午後

(全体引用終了)

怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)
サンガ
アルボムッレ スマナサーラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



怒らないこと 2―役立つ初期仏教法話〈11〉 (サンガ新書)
サンガ
アルボムッレ・スマナサーラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 怒らないこと 2―役立つ初期仏教法話〈11〉 (サンガ新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「自称巨頭=鉄槌」が、やはり会友の実の娘である可能性について言及 いやいや朝起会を続けている妻の夫のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる