いやいや朝起会を続けている妻の夫のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝日新聞が、属国日本の初級編を解説している

<<   作成日時 : 2011/08/16 22:49   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

 今日の朝日新聞で、原発国家田中角栄編が載っている。

 知っている人は知っている「虎の尾を踏んだ田中角栄」(田原総一朗著)の解説である。
   http://www.asia2020.jp/japan/tanaka_kakuei.htm

 それまでの日本は、アメリカに隷従する完全な植民地だった。アメリカに従う以外の選択肢をもてない国だった。その最大の理由が、エネルギー資源の多くをアメリカに頼っていたからだ。

 それをよしとせずに、アメリカに頼らない資源外交を行ったのが田中角栄である。中国・インドネシア・アラブと友好関係を築き、エネルギーの入手先を多角化させようとした。それが、アメリカの怒りを買い、後にロッキード事件が起こることになる。朝日新聞では、その関係についてごまかした表現をしている。これがマスゴミの書けるぎりぎりのラインなのだろう。それでも、直接の原因であると暗示していることは容易に察しがつく。

(引用開始)
 米上院でロッキード社による日本への贈賄工作が発覚するのは、それから一年余り後。田中の資源外交と事件の関連を示す証拠はないが、田中は後には早坂に語っている。「米国があんなにキャンキャン言うとは思わなかった。いつまでも首相の職にあるわけじゃなし、殺されないうちに逃げればいいと思っていた。」
(引用終了)

 米国は、数多くの国々を支配する帝国である。各国に、傀儡政権を樹立し、アメリカの国益にかなう政治をさせてきた。もし、それに背く指導者が現れると、反体制派のクーデターを主導したり、指導者の暗殺まで行う。そのための組織がCIAである。属国が先進国の場合は、それほどあからさまな作戦は難しいので、マスメディアを利用したスキャンダルが用いられるのである。

 日本を操るアメリカ政財界の幹部をジャパンハンドラーズ、それに従う日本側のエージェントをカウンターパートと、
副島隆彦氏は命名している。

 中曽根康弘や小泉純一郎など、首相として大きな力をもてたのは、個人の力によるものではない。彼らがカウンターパートとして、アメリカの国益にそう政治を行ったからである。
 (朝日新聞は、これまでに「原発国家中曽根康弘編」も載せている。中曽根康弘はキッシンジャーのカウンターパートとして、原子力発電推進した。同じくカウンターパートである読売新聞社主の正力松太郎などが、同じ目的で行動している。なお、ロッキード事件で、中曽根康弘も賄賂を受け取っていたと副島隆彦氏の本には書いてあった。アメリカのカウンターパートだから捕まらなかっただけである。)
 関連サイト http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/894e9105d199310c1457db0eb7605b73


 逆に、アメリカのいいなりにならない指導者は、何らかのスキャンダルに巻き込まれて、権力の座を追われる。

 田中角栄のロッキード事件がその好例であり、弟子である小沢一郎も、同じような攻撃を受けている。

 上記のようなことは、たびたびこのブログに書いてきたことである。それを、新聞がそのまま載せているのは、ネットの力によるところが大きいのだろう。ネットで書かれている真実を、新聞も無視する訳にはいかなくなっているのである。これはまた、アメリカの覇権が衰えてきた一例ともいえよう。

 日本の独立が近づいてきた。しかし、それを実現するためには、小沢一郎を指導者にする他に手はない。多くの国民に知ってもらいたい真実である。

 <関連記事>
http://cgi.search.biglobe.ne.jp/cgi-bin/search-blog2?c=%8C%9F%8D%F5&clid=1&q=%93c%92%86%8Ap%89h&btn=%8C%9F%8D%F5&sitesearch=58807828.at.webry.info 

 中曽根康弘は、米国の利益を損なわない形で原子力発電を推進した。一方、田中角栄は、エネルギーを石油だけに頼らないために原子力発電を推進した。福島の事故で、反原発の動きが主流となっている。
 しかし、原子力発電全廃が、本当に日本の国益になるのだろうか?エネルギー資源の選択肢をせばめ、結果的に資源国への隷従を強めてしまう結果にもなりかねない。そのデメリットについても、十分な論議が尽くされるべきである。(反対派の方が多いだろうな〜。私は、天の邪鬼である。単細胞ではない(=疑い深い)から、いろいろ考えてしまうのである。)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
原発は将来的には全廃で、今は少しづつ減らす努力をするのが多分無難でしょうな。米国は自国は民主主義国家なのに、外国の都合いい独裁政権を容認するのが最悪なところ。しかし、自国民がそれを批判できれるだけまだマシかなかと。
12434
2011/08/17 12:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
朝日新聞が、属国日本の初級編を解説している いやいや朝起会を続けている妻の夫のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる