20110807 関谷記念 本命セイクリッドバレーが伸びず負け(-4000円)

 仕事が忙しくて、最近は競馬を研究する時間もなかった。
今週は、久しぶりにしっかり予想ができる。

 関谷記念は新潟芝外回り1600mで、910の完全な瞬発コース。
それほど荒れるレースではないので、本命重視でいく。

◎5セイクリッドバレー
○7スズジュピター
▲12エアラフォン
△1 11マイネルクラリティ
△2 2アブソリュート

(以上、前日19時予想)

 上記の2アブソリュートは保留。パドックで8リザーブガードとどちらを選ぶか決める。
追加で、
△3 9レインボーペガサス
△4 10スペシャルハート

(以上、当日12時予想)


<買い目>
馬連・馬単 5・7-5・7・12・11
3連複 5-1・7・9・11・12

 パドックで1を選択

(以上、当日15:41予想)

<結果と反省>
 一番安定感があると思っていた5セイクリッドバレーが、展開向かず5着まで。スタートはまずまずだったが、そこからずるずると位置を下げ、最後方からの競馬。それでは勝てないと、早めに仕掛けるも、その分脚を使って直線の伸びを欠いた。結局、ハナにたった3マイネルファルケこそハイペースだったが、後続は離れて追走し、実質スロー-ペースか?先行の好位置につけていた9レインボーペガサスが、直線伸びて逃げ切ってしまった。
 後方から伸びた馬のうち、上がり最速の12エアラフォンが2着、同2番目に速かった6サトノフローラが3着に入ってしまった。
 9も12もヒモに選んでいたし、4着の11マイネルクライティーも高く評価していた。しかし、肝心の5が伸びてこなければどうしようもない。
 対抗に選んでいた7スズジュピターも進路ふさがれ展開向かずに6着まで。パドックも返し馬もちょこまかとしていて、評価を下げるべきだった。パドックで加えた1エイシンサクセスは、位置は良かったが、荒れたところばかりを通っていたからか、直線ののびは今一歩だった。
 ヒモの選び方は悪くはない。後は、本命の選択を確実にすることが大切である。

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント