テーマ:東日本大震災

なぜ、福島の過ぎ去った危機が、延々と報道され、国民が脅されているのか(引用記事)

 福島放射能事故がレベル7と捏造報道され、連日その危機がマスメディアによって煽られている。  小沢事件なんて存在しないのに、まるであるかのように報道しているマスメディアに騙されてはいけない。日本のマスメディアは完璧に統制されているのである。  なぜ、国民にとって不利な放射能汚染を、実際よりも深刻に装って政府やマスメディアが公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植草一秀氏は、放射能汚染の危険性を指摘。副島隆彦氏と正反対の意見として、一応紹介します。

 植草一秀氏と副島隆彦氏は、アメリカの日本支配に抵抗している両雄である。  しかし、今回の福島放射能事故への対応では、両極端の投稿をされている。  副島隆彦氏は、  「事故レベル 7。チェルノブイリと同じ 」は捏造であると副島隆彦氏が主張  http://58807828.at.webry.info/201105/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工地震・津波による攻撃を65年も前に研究していたアメリカ

 人類の月面着陸を100%信じていない「いや夫」です。  そんな「いや夫」ですから、○国が人工地震・津波を起こすことができる可能性95%位あると思います。  しかし、さすがに、今回の東日本大震災が○国の仕業だと思う確率は、5%位かな?  もし、その「5%が真実」だとしたら、許せません。  愛国科学者さんへ、検証し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「雨ニモマケズ」が再び脚光を浴びている

 人と人が存在すれば、そこに社会が生まれる。  人は社会の中でしか生きられない。  私たちは、人間(人の間)なのだ。  実践倫理宏正会は、その人間があるべき姿=「我も人もの」ために生きる道を説く。  当たり前のことをしているだけである。  しかし、社会から隔絶したネット界では、宏正会は誹謗中傷の嵐を浴びてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フクシマ50の奮闘を讃える欧米メディア

 「英雄フクシマ50」欧米メディア、原発の作業員ら称賛  http://www.asahi.com/national/update/0318/TKY201103180477.html  日本人は、それが「命がけの仕事」であっても、挑んでいく。  これほど仕事に誇りをもっている国民が多い国は、それほどないだろう。  愛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フクシマフィフティーズの奮闘を讃えます。

 以前書いた記事、  原発危機をくいとめる、究極の方法を思いつきました。「福島四十七士大作戦」  http://58807828.at.webry.info/201103/article_28.html  は必要がなさそうです。  生命の危険にさらされながらも、この困難な仕事に挑んでいるプロが「フクシマフィフティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発に残る東電社員の奮闘

 朝日新聞2011年3月18日版に、原発に残る東電社員の奮闘の様子と、その家族の思いが載せられています。  私たち第三者が、原発関係者の奮闘をけなす権利なんてないのだなと感じます。 (全体引用開始) 「立ち去るわけにはいかない」東電社員、放射線との闘い http://www.asahi.com/national/up…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発危機をくいとめる、究極の方法を思いつきました。「福島四十七士大作戦」

 原発危機の結末を全国民、全世界の人々が固唾をのんで見守っている。  現代科学の結晶である原子力発電所で、次々と事故が発生し、危険度を増している。  チェリノブイリほどの危機ではないという説がある一方、人類未経験である、4機の事故に同時に立ち向かわなければならない険しい局面であることは間違いない。  地下にディーゼル発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「地球温暖化キャンペーン」が水泡に帰した

 タイトルの  「地球温暖化キャンペーン」が水泡に帰した の意味がわかる人は、どの位の割合でしょうか? おそらく、5%いくかどうかでしょう。  少し前から、世界中で「二酸化炭素の増加→地球温暖化→海面最大5m上昇」という情報が、洪水のように流れました。  でも、本当でしょうか?  誰かが仕掛けたキャン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無神経な石原慎太郎が嫌いです。

 「レイモンド」くんは「石原慎太郎」の信奉者らしい。 (引用開始) このスレを見て思うのは、近時の日本人の道徳力は可なり落ちており、もし若者がこのスレを相手にしているようでは、救いがたい面も感じられます。 石原慎太郎氏が、もうオリンピック招致はしないと言われておりますが、日本人の総力戦に対する持久力の低下を嘆いておられます…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大自然の脅威の前では、祈るしかないかよわい人間

 東日本大震災で、家族を失った人々の無念さはどれほどでしょう。  言葉では言い表せない悲しみだと思います。  TVで、それらの人々のインタビューを観て、「何事もない」ことがいかに幸せなことかを教えてもらいました。  日本は多神教の国です。万物に神が宿るとされ、八百万の神がいる国と考えられています。  今回の大震災…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日刊スポーツの東日本大震災記事より転載 「日本人の心のありように感動」

(全体引用開始)  日本人の心のありように感動       日刊スポーツ東北総局長 今西和弘氏記事  大きな被害に遭われた方、ご家族、なお安否不明の状態にあるご家族、知人、友人を持つ皆さんに心からのお悔やみ、お見舞い申し上げます。私も仙台市青葉区にある日刊スポーツ東北総局で記録的な揺れに遭遇した。一瞬、死が脳裏をよぎっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more